宙のまにまに(10) <完>

宙のまにまに(10) <完>



天空に輝く美しい星。仲間と見ればもっときれい! 
幼なじみのハイテンション少女・明野美星(あけの・みほし)との奇跡の?再会から始まった、読書少年・大八木朔(おおやぎ・さく)のハイスクール・ライフ! 
2人を中心に、個性的な部員たちが繰り広げる、ほのかな恋もちょっぴり詰まった、汗と涙と笑いの部活動!
2009年夏、テレビアニメ化もされて大好評を博した…「清く明るい天文部グラフィティ」!!
全力疾走で駆け抜けた人気連載、堂々完結です!

いよいよ3月…。3年生(美星・小夜・文芸部のフーミンら)の大学受験も終わり、あとは発表を待つばかり…。
卒業までの限られた時間に、天文部の活動もラスト・スパート!! 年度末、最大最後のイベントは高天ネットが一堂に会してのメシエマラソンだ! そして迎える卒業式…朔と美星、姫、文江…それぞれの想いは!? 目映い高校生活のその後の皆は…問題作?の番外編も含む、完結巻!

著者について

柏原麻実
6月17日生まれ。福島県出身。漫画家、イラストレーター。1996年、『Hello,dear』でアフタヌーン四季賞・審査員特別賞を受賞し、デビュー。2001年にも『remain』で四季賞受賞。2005年より「アフタヌーン」にて『宙のまにまに』を連載中。

土佐ガール
[PR]

by xmaxbox | 2011-10-09 00:00